<- BACK

ARDUINOでTwitter

ツイッタークライアント(物理)w

UZURATTER ARDUINOからキー入力でツイートします。
キャプチャ画面

キャプチャ画面

英数と半角カタカナが使えます。


ハードウェア

ボード

ボード

「ARDUINO MEGA 2560」と「イーサネットシールド」を使います。
LCD

LCD

HD44780インターフェイス互換品で20x2です。
SCHEMATIC

回路

スピーカ

スピーカ

もっと小さいのでOKです。圧電タイプでも。
SCHEMATIC

回路

Keyboard

キーボード

ガラケー的インプットデバイス。
KEY MAP

キー配列表

Keyboard

キーボード裏側

配線はこんな感じ。
SCHEMATIC

回路

「チャタリング除去」と「プルアップ」はソフトウェア上で実装していますので、すべてのキーを単純にGNDに落とすだけでOKです。

キー入力テスト



ソフトウェア

SKETCH

メインプログラム

DOWNLOAD v2.1

このスケッチはキー入力処理が大部分を占めます。ツイート自体はライブラリに処理してもらいます。

入力した文字は100バイトのバッファ(Shift-JISエンコード)に収まっていて、ツイート直前に300バイトのバッファ(UTF-8エンコード)に変換してライブラリに渡しています。

※"MAC ADRESS"はシールドの裏側に張ってあるシールを見て書き換えてください。

※"IP ADDRESS"はこのままで動く可能性が高いですが、LAN内の他の機器とかぶらない番号を振ってください。

※"TOKEN"はライブラリを取得するサイトで手に入ります。
tweet_library

追加ライブラリ(1)

「NeoCat」さんの「Tweet Library for Arduino」を使わせて頂きました。

スケッチ内に記述する"TOKEN"もこのサイトから取得してください。

※追加ライブラリは、Arduino IDEのlibraryフォルダ内に配置してください。
TimerOne_library

追加ライブラリ(2)

割り込み処理のために、TimerOneライブラリを使わせて頂きました。

※追加ライブラリは、Arduino IDEのlibraryフォルダ内に配置してください。